自律神経失調を防ぐために|心と体のバランスを整える

看護師

怖い病気

マスクをした女の人

がんと闘っている人は数多くいるでしょう。がんとは、一度発症するとなかなかしぶとく体に居続け気づいたら他の場所に転移している事もある恐ろしい病気です。そして自覚症状がほとんど無く、健康診断の時にたまたま見つかったという人もいます。見つかった人たちで進行がまだ進んでいなく、初期段階なら良いのですがこれが末期段階に入ってしまうとほぼ生存確率は0に近いと言われています。そして日本人の死因ナンバー1はがんです。そんながんにも様々な種類があります。生活習慣や食生活などでがんの出来る部位が変わってくる事もあります。こういったがんの中で最も発症率が高いのが肺がんだと言われています。肺とは人間にとって空気を吸ったり吐いたりするポンプの役割をする器官です。そんな肺にがんができてしまうと、そのままにしておくと他の部位や器官にがんがどんどんと転移していきます。そしてもう手のつけようの無い状況になってしまいます。なので肺がんの場合も早期発見が完治の鍵となります。肺がんの原因はいくつかありますが、一番はやはりタバコだと言われています。喫煙習慣のある人は、肺がんで死亡する確率が3倍から4倍に上がると言われているので驚きです。もしいま喫煙習慣のあるという人は、今一度健康の為に禁煙を検討してみた方が良いかもしれません。またタバコ以外にも大気汚染というのが原因として挙がるそうです。空気中に浮遊している不純物や化学スモッグなどを日常的に吸い込んでいるため、人によっては肺がんになってしまうと言われています。